中学受験の勉強法としてほとんどの生徒が行うのが、ひたすら暗記しまくるということになりますが、人間の記憶力は限界があります。自分なりに記憶しやすい方法を見つけ暗記をしている場合がほとんどで、何も考えないで暗記できる生徒は一人もいないと言っていいと思われます。何回復習しても暗記できない生徒というのは、何も考えないでただ覚えようとしている生徒で、記憶をする際は、考えながら工夫して暗記をしなければならないのです。

考えながら暗記するための記憶法にはいろいろなものがあって、たとえば人に説明できるように考えながら覚えるとか、語呂合わせで覚えるとか物語を作りながら覚えるとか、とにかく自分の頭で考えながら覚えることにより、記憶力が高まり覚えたことを忘れないのです。

親のサポートが絶対条件です。

合格を勝ち取るには、各中学校の試験傾向に合わせた勉強法をマスターして実行する必要がありますが、それを実行させるには受験生本人の他にも親の力が必ず必要になるのです。

中学受験に親のサポートが必要なのは当然ですが、特に受験生のモチベーションを上げるのに親の役目は非常に重要です。あとは中学受験の費用や入学後の費用面のサポートが必修です。公立中学校とは段違いの費用が必要となります。

家庭内で子供を悩ませる問題があれば、生徒は受験勉強に集中できなくなり、合格できる可能性は低くなります。さらに言えば、親だけが希望する中学に無理やり受験させることはおすすめではなく、生徒の意思も確認したうえで親子で協力して受験に向かう姿勢が重要になります。中学受験生のモチベーションを左右する大きな要素は親にあるのです。

親の中学受験勉強法

中学受験で合格を勝ち取るにはすべてにおいてスケジュールを組むことが大切で、それを支えて予定通りに実行させるのが親の役目であると言えます。

特に世話を行うお母さんの役割は非常に重要で、中学受験を成功に導いて上げれるのかをきちんと勉強して、受験生と共に受験に臨まなくてはいけないのです。

子供は親から褒めてもらうことがとても嬉しく、褒められると自主的に勉強に繋がり、合格する確率が非常に高くなります。

家庭教師の可能性

中学受験で最も多く利用するのが学習塾です。効率よく中学受験の勉強ができる方法としてはお勧めと言って間違いがないのですが、全員が合格できるとは限らないのです。

学習塾に行っていれば安心と思われている親が多いですが、成績が伸び悩んでいる場合や志望校に合格できない状態にある場合は、家庭教師を考え検討してみてはいかがですか?

学習塾で一度つまずいた場合置いてけぼりにされることはよくあります。その場合は家庭教師でつまずきを解消するのです。家庭教師であれば、時間効率を向上させて成績UPにつながりますので家庭教師を使った勉強法をお勧めします。