ゴールデンウィークも終わり、中間テストが目前に迫っています。

特に高校3年生は、評定平均が確定するまでテストがあと2回です。

テスト対策は万全ですか?万全の生徒は継続して下さい。

そうでない生徒は、少し焦りましょう!まぁ、焦りすぎても意味がないので、まずは自分自身を振り返りましょう。

自分のウィークポイントを見出すのです。そして、苦手意識を克服すると成績が上がるのです。

では、どうすればよいの?

まずは、資料集めです。普段授業のノートを写していない生徒は直ぐに友達を頼りましょう。

試験範囲のプリントなど必要不可欠な資料を手元に集めましょう。

集めたら、次は資料整理です。

一番初めに取り掛かるのは、記憶系科目です。記憶系は、試験の前日詰め込んでも点数につながりません。しかし、テスト開始10分前は別です、一番頭に入りますね。

記憶系科目の試験範囲を理解するのです。理解するとは、今勉強している内容を把握するのです。把握するとは、こんな内容を勉強しているのだと再認識するのです。その作業を行うだけでも対して勉強になるのです。

後は、勉強時間をどれだけ費やすかがポイントです。

次は、理解科目です

さぁ、記憶科目の次は理解科目です。

理解科目で一番みんなが思い感じることは、どこが分からないかが分からないのです。

ありがちなのは、解ける問題を何回も解きなおして自己満足しているのではないでしょうか?

今の段階で、解けている問題は今後も解けるのです。

まずは、試験範囲の問題を最初から目で追い頭の中で解き、解けそうにない問題をピックアップしましょう。

解けない問題を自分で作成(チェック)して、自分のウィークポイント問題集を作りましょう。

そのウィークポイント問題集を試験前1週間で解けるように克服するのです。

ただ1人では難しいですよね、そのウィークポイントを家庭教師の先生と一緒に勉強をすれば、効率よく効果的に理解力に繋がるのです。

勉強は、下準備が一番大切です。そして、その下準備を克服するための手助けが学力アップのキーポイントです。

そのキーポイントを、TSA広島で補い上を目指そう!

まずは、ご相談下さい。

ご相談いただくと、必ず何かが見えます。

皆さん、頑張りましょう!自分の未来は、自分で切り開くのです。